8月6日
昨日の水面上映会、その後も風が止まず波があって水面が乱反射し、白い雲が天を覆っていたため、雲に夜景の照明も反射して映像がはっきり映りませんでした。しかし、市立大チームは努力し続け、9時頃にあると雲が移動し、なんとか映像もわかる程度に。報道のカメラマンはここぞとばかりに高い位置からシャッターを切りあたりは一種異様な空気が流れていました。結局、ヒロシマ・アピールズの画像で一番はっきり映ったのが、このコントラストの強い2005年の仲條さんの作品。毎日新聞のトップ面です。地元紙をはじめ殆どの新聞がヒロシマ・アピールズではなく、産業奨励館の画像を掲載していたのが僕的には少し残念。まこと自然相手のイベント、机上作戦通りにはいかないのを再認識しました。
e0124710_1644256.jpg
関わった皆さま本当にお疲れさまでした。無事終了したことに感謝します。夜遅く仲間と別れて、自転車で家路を急ぐ途中、若者数人は本通で奇声をあげ、上半身裸の初老の男性が寝ぐらとしている路上の陰で伏せて横たわっており、食べたあとの容器や酒瓶も転がっています。
今日8月6日、平和で暮らせるということの意味を考えています。戦で国が亡くなるということがどういう事なのか、先日スピルバーグの「太陽の帝国」を観ました。一方からの正義はそれを受ける側にはこの上ない残虐行為でそれを正当化できる事の恐ろしさも感じます。
今年、制作した平和ポスター同じような形状でも、ひっくりかえせば全く別の意味を持つ黒田さんのPIKADONメッセージを具象化させてみました。
e0124710_1744120.jpg

[PR]
by nohjima | 2010-08-06 17:04 | Nohjima
<< 第13回広島国際アニメーション... 8月5日 >>


  
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31