地方ADC活性化のきざし
新潟ADCから新しい年鑑が届きました。2008年に視察に伺って、拝見した時にくらべて、作品も年鑑のデザインもどんどんクオリティが上がってきていますね。この年鑑も昨年よりも出来が良いと思われます。ADCは地域のプロのクリエーターがその技を競いあい、その切磋琢磨が仕事の結果に繋がっていくための実践道場みたいなものですが、こうして暗黙のうちに他地区からの年鑑が届きその内容を見せつけられ、こちらも更に高みを目指すという図式にもなってます。これは各地区のリーダーたちのクリエーターシップのようなものが根付いていて、地区間での磨きあいにもなっていくので素晴らしいことだと思っています。日本のデザイン業界が狭くなった気もします。そして、お隣の県でも名前は違えど公開審査会が2月27日の行われます(名前が「デザイン維新」と言うんだそう・・・さすが、長州)。今年の夏に土佐で審査にお招きを受けた時のメンバーと同じですよ。偶然?と聞いてみると、新村さんが推薦してくれたそう・・ありがたい事ですね。また、浅葉さんにもお会いできます。楽しみと責任の重さも感じてます。
e0124710_1740352.jpg

[PR]
by nohjima | 2010-12-17 17:41 | Nohjima
<< 本当におめでとうございました 片岡脩というデザイナー >>


  
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30