半年ぶり東京
納島 記
e0124710_22495497.jpg

e0124710_22495941.jpg

e0124710_2250981.jpg

黒田さんが青木克憲さんのバタフライストロークのギャラリー(勝どき)でライブペイントを行うという案内をいただいた。青木さんは広島ADCの2回目の審査員で来ていただき、僕が光栄にもグランプリになった時だったんで、一方ならぬ思いもあり、しかも同じDMを黒田さんサイドからも届き、これは「来い!」ってことなんだ。・・と陸路東京へ、山手線、有楽町線、大江戸線と乗り換え「地下鉄の階段はへとへと・・・ほんとこの地は移動にくたびれる・・」倉庫をリノベーションしたギャラリーはカッコよく、青木さんのセンスが活きている。見えにくいが、2枚目の写真に注目、黒田さんをファインダー越に狙うカメラマン、手にしているのはハッセルブラッド。最近、広島ではまず居ませんよね、こうしてまだ銀塩のブローニーをきっているなんたあ、やはり東京のディープさを感じる。長友さんにも久しぶりにお会いした、お元気そうで良かった。
e0124710_2321646.jpg

e0124710_2322461.jpg

翌日は、東京に現在居られる雁木組の理事長、氏原女史と合流し勉強のために、おすすめのスポットを巡った。写真は青山のファーマーズマーケット。地方の青空市とは違いやはりあか抜けている。下の写真、ビンには表示シール以外ラベルも貼られていない。デザインらしい施しはないのだが、これはデザインを付加しないことがベストなデザインだと思った。素材の表情が十分魅力的に購買意欲を引き出す。デザインしない事もデザイン、まさに地でいってるね。そして、デザインが無いようでも実はこの販台や箱は見事にディレクションされていて、主催者からの配給らしい。これがマルシェのアートディレクション、勉強になりました!
[PR]
by nohjima | 2011-12-05 23:13 | Nohjima
<< あっという間に… FTFプロジェクト、ショールーム完成 >>


  
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30