1964
納島記
e0124710_19144173.jpg

観てきました、案の定泣かされました。昭和という時代の時間に今の日本が作られたのがこの映画からもよくみてとれますね。志を持って生きること、繋げていくことの大切さが語られている作品です。小説家茶川を我々デザイナーと重ね合わせてしまいましたね、最後に彼が「ぼくもこのままでは終わらない」若い才能が台頭してくることに対して奮起するこの言葉に感銘をうけました。
[PR]
by nohjima | 2012-01-29 19:14
<< Bono Bagel 地域で東北支援 >>


  
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30