会話はそれる
e0124710_13301386.jpg

これはいつも本当にお世話になっている、西崎紙販売さんのポストカードのデザインです。紙というのは書いたり、切ったり、包んだり文化の歴史に深く関与してきました。
この会社はすごく皆さん良い方ばかりで、社長さんの人格がそのまま社風になっている事が良くわかります。こんな会社はどんな状況下でもきっと強いアキレス腱をもってして切り抜けていくんだろうなあと思います。西崎紙販売さんに今朝、伺った帰りにライターの井上さんと話しがはずみ、紙の話しからの会話がどんどん飛躍していきました。

「・・・・それでね、紙の価格が上がるのは、やっぱり原油価格の高騰に直結してるの?」「うん、でもね、ドバイ辺りでは原油って有り余ってるて言うよ。一部の人達が市場をコントロールしてるって聞いた。」「石油王ってドバイのホテルにヘリコプターで乗り付けて、そのまま今度は自家用ジェットでマンハッタンに買い物に行くなんてすんだろね。」「生まれて、死ぬ迄使い切れないお金があるって、どんな感じなんかね?」「そんな人が幸せ感じるのって、以外と汗ながして働くことが、新鮮で幸せ感じたりして。」「コンビニでレジ打ったりとか、トラックで物運んだりとかね。」「それがストレス解消になるんかね?」「お金があって、暇がある。お金があって暇がない。お金が無くて暇がある。お金が無くて暇もない。この中でストレスが無いのは、お金が無くて暇もない、じゃないの。」「・・・・」「先の事考える余裕もなくその日を精一杯生きてる人。」「人生設計なんて真反対のベクトルね。」という会話でした。なぜか、その日を精一杯生きてる人に魅力を感してしまう僕でした。
[PR]
by nohjima | 2007-07-12 14:16 | Nohjima
<< 最終日 田中麗奈さん >>


  
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31