<   2010年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧
次世代を引っ張る才能、2連発
まずは、広島コンピュータ専門学校の作品展開催中の宮島口あなご飯で有名な“うえの”のギャラリーに伺いました。古い家屋をうまく使った空間にマッチする作品もあれば、異彩を放っている作品もあり、先生方の牽引があるとはいえ、こういう企画を実行するというモチベーションに感動しました。メリットがあるのか?とか、協調するのが厭とか、打算で物事を考える若い方に最近よくお会いしますが、会場の彼らの笑顔や楽しそうな表情にはまだまだ捨てたもんじゃないと安堵しました。きっとこのモチベーションから新しいクリエーションも生まれるんですね。力作も多数あって、2階にあった福山自動車博物館のイラスト。これは即仕事でも発注したいと思ったほど。
e0124710_18453055.jpg
e0124710_1845879.jpg
さて、次は廿日市のミスズガーデン。昨年やった紙屋町の歯科医院での「4平米の公募」に続いて「25平米の公募」このエントランスの壁画に穴吹デザイン専門学校で学生コンペを企画しました。60作品の中から見事グランプリをしとめた作品は1年間ここで来客に披露されます。名誉ですね、学生のうちから勝ちぐせをつけて色々なタイトルを狙っていただきたいものです。我々は賞のために仕事してるのではないですが、いざ外部から査定される際は、ファクターの一つとして賞歴というのは現実だとおもいます。クリエーターが諦めとか開き直りとかしだしたら、その時点でプロと言いたくない。そう思いませんか?今日は学生たちの作品を見て、えらいまともな事を書いてしまいました。
e0124710_18561712.jpg
e0124710_18564167.jpg
60作品のうち上位20作品を入選として館内に展示されています、これも名誉ですね。
[PR]
by nohjima | 2010-07-30 19:00 | Nohjima
ミーグルス!
e0124710_0554294.jpg
e0124710_0241634.jpg

e0124710_024165.jpg

ADCの仲間で組んだバンドです。今夜、富士見町のスタジオダックで練習しよりました。バンマスはドラムスのジェラールです。ギターはカルロス・ホセ、ボーカルはジョセフィーヌです。
3週間あいてしまったのでホセと僕は「♪君の瞳に恋してる」を一瞬忘れとりました。「♪マイ・シェリー・アムール」「♪男が女を愛する時」などがレパートリーです。5〜6曲貯まったらお披露目しようかと思っております。ところで、ここのスタジオのご主人(女性)はご縁があって27歳くらいの頃、殆ど初めてポスターをデザインした時モデルになっていただいた方なんですね。白衣着て、ミニスカートはいて、胸の谷間みせて、聴診器持って・・・・いったいなんのポスターや?って感じですが、(成人病予防検診のポスター、よくそんなのができたもんだ)まだそのポスターを持っておられるとの事、ビックリしてありがたかったです。そして、まだその頃の美貌は保っておられます。
[PR]
by nohjima | 2010-07-30 00:24 | Nohjima
ポスター鑑賞マニュアル(5)
「ヒロシマ・アピールズ」2010/長友啓典
e0124710_12363898.jpg
作品名は“Mad Dog”イラストは黒田征太郎。K2として長年コンビを組んでこられ、黒田さんはピカドンプロジェクトで世界的な反核のメッセージを送られているし、長友さんとも第5福竜丸資料館をはじめ多く社会に関わる仕事もされて来られているためこの度の「ヒロシマ・アピールズ」も当然二人の才能が一つに結集されました。“Mad Dog”直訳すると狂犬病もしくは狂った犬。ですが、ここでは“怒り狂った”というのが近いと思われます。黒田さんがN.Yに滞在中、日頃セントラルパークに多くの愛犬家が集まって散歩を楽しんでいる、犬のいうのは100%飼い主を信じて幸せに暮らしているのだろう。が、しかし人は野心や利益のために、裏切る、見捨てる、見て見ぬふりをする、他人の大切なものを奪う、殺す、国も侵略する、原爆も落とす。この愚行を知ったら、もしそれが飼い主だとしたら犬も幸せそうに尻尾をふることもできず、怒り狂うに違いない・・・と言う動機で怒れる犬たちを以前描いていました。長友さんに「ヒロシマ・アピールズ」の依頼が来た際に、この黒田さんの怒れる犬を使いたいと思ったそうです。155匹の犬たちはタッチも様々、これを一枚のポスターに定着させたのは、さすが長年のコンビだからこそ、そして日暮真三の心に刺さるコピーが散りばめられています。今までにはなかったタイプの「ヒロシマ・アピールズ」名作ポスターがまた生まれました。
[PR]
by nohjima | 2010-07-26 13:23 | Nohjima
-
入道雲に向かって、広島帰ります、明日からROCKETSのデザインが高知に負けないように。沢山を学ばせてもらえたTCGの高橋会長に感謝!
e0124710_129482.jpg
審査のお礼にいただいた坂本龍馬の刀の鍔のレプリカ。蓋の裏に浅葉さんが描いてくれた右巻きの図。
e0124710_12101414.jpg

[PR]
by nohjima | 2010-07-25 15:20 | Nohjima
-
e0124710_151826.jpg
町中はやはり龍馬だらけ、大河ドラマと言うコンテンツが地域を活性化させているのが顕著にわかります。
結局、グランプリと準グランプリは、ベテランの同一人物、おまけに僕の審査員特別賞も彼。こういう結果を招いているのも自主制作を認めておらず、若い才能が切り込む事が難しいシステムで運営がなされているからかもしれません。しかし、これも高知のデザイン業界の現実、課題を乗り越えて行ける資質と人格とも沢山お会いしました。さすが坂本龍馬の土佐、素晴らしい方々とご縁が出来て本当に感謝しています。
e0124710_1518134.jpg
パーティの余興もすごく楽しいものでした。スタッフ自ら和田アキ子に扮して場内を盛り上げます。サービス精神も豊富なTCGでした。
[PR]
by nohjima | 2010-07-25 15:18 | Nohjima
-
e0124710_154574.jpg

休憩時間が終り、審査スタート。応募総数約250点を審査し、グランプリは、46歳のベテランの方が勝ち取りました。浅葉さんと僕達3人の意見はグランプリと準グランプリがあべこべでした。浅葉さんの推した作品はこの作品です。ごめんなさい、グランプリの写真撮るのわすれました。
[PR]
by nohjima | 2010-07-25 15:04 | Nohjima
-
e0124710_13401837.jpg
浅葉さん自ら投票ボードを!
描く線はさすがに美しい。とそんなところに感動してしまう。
e0124710_13401821.jpg

休憩時間この像を僕達に見せたかったと連れてこられて◯ ◯ ◯ 子像だと言われてました。◯ ◯ ◯はさすがに差し控えておきます。高知新聞社ロビーにて。
[PR]
by nohjima | 2010-07-25 13:40 | Nohjima
-
e0124710_1343913.jpg


浅葉さん、新村さん、愛媛の正岡さんと4人で審査してます。
[PR]
by nohjima | 2010-07-24 13:43 | Nohjima
-
e0124710_13403146.jpg

e0124710_13403119.jpg

審査開始。
[PR]
by nohjima | 2010-07-24 13:40 | Nohjima
TCG 土佐クリエイターズギルド
e0124710_1344365.jpg
土佐クリエイターズギルドは、高知のADCです。名誉顧問は浅葉克己、名付親は真木準。昨日から審査員として招かれています。懇親会場のそばに、武市半平太が投獄されていた場所がありました。
e0124710_1344337.jpg

会場から、見える高知城。
[PR]
by nohjima | 2010-07-24 13:04 | Nohjima