<   2011年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧
続ける事の大切さ、大変さ。
e0124710_22463822.jpg

e0124710_2246386.jpg

e0124710_22463899.jpg

下関の平和ポスター展が無事閉会したそうです。地区JAGDAの代表幹事で同期だった上杉さんとコピーライターの浅井さんが主体となって運営されております。この展示会は昨年から始まり、今年で2回目です。前回よりも全国区のデザイナーに作品を出品いただけたり、昨年の夏の基町小学校での作品を貼り出したりと、充実してきているように見受けられました。お邪魔した際にいろいろお話を伺ったのですが、それなりに課題はあるようです。3月12日に行う広島ADCは今年で3回め、課題はないわけではないですが、ひたすら継続のみを信念に頑張りますよ。
[PR]
by nohjima | 2011-01-29 22:46 | Nohjima
おそらの夜は更けゆく
いい店ですね、と言われる方もいます。変な店って言われる方もいます。いったい何屋?と言われる方もいます。しかし、そういう辛口の評価をくださる方が何故かリピーターで来られて結構買っていかれたりするので、お客さんの心理というのは面白い。
e0124710_1344373.jpg

[PR]
by nohjima | 2011-01-29 13:06 | Nohjima
美しい楽器と美しい音
吉田次郎さんはサンヨーのエネループのCMでもおなじみ。
http://www.jiroyoshida.com/
N.Yと日本を行き来されてて忙しい方です。以前にも芦屋のご自宅に伺った事はあるのですが、今回は次回のアルバムのジャケットデザインを光栄にもご依頼いただき、撮影から僕がシャッターをきる事になりました。
e0124710_2058877.jpg
この写真はケイタイで撮ったものですが、このギターが美しい。他にもたくさんの美しいギターが居間におかれていました。56年製のgibson 335は最高でしたね。アルバムになる楽曲も聴かせていただきました。ギターの素材と同じ木で作られたギター楽曲専用スピーカーていうので聴かせていただきました、目の前で演奏しているような音で最高でした。大変美しい楽曲を聴きながら、美しいギターを見れた幸せなひとときでした。アルバムは4月リリース予定です。
[PR]
by nohjima | 2011-01-24 20:36 | Nohjima
外見は中身の一番外がわ
広告批評の編集長、天野さんが言われてたように記憶します。
すなわち、良質の中身は外見もそのように見えなくては意味がない。ようするに中身が良ければ自然と外観も良さが滲みでるべきである・・・と、“おそら”に集まってくる商品は生産者が一生懸命いいもの作ってるんだけど、顔がイマイチ・・・という課題を解決する役目をROCKETSが担っています。ニッチで良いものだけを扱うためパッケージやラベルも機械化に頼ることも無く、スタッフやアルバイトで賄います。最大公約数で考えていくマスプロダクトのパッケージにはできない表現で提供できるのも強みです。量販店にならび、他商品よりもとにかく目立て! という使命を持ったパッケージではなく、選ぶ方の感受性や美意識に働きかけるニッチな最小公倍数のデザインの実験場でもあるんですね。顔を変えた途端に今まであまり売れていなかった商品がいきなり品切れになりそうな状況もあり、ここでリアルに体験できる事は幸せです。
e0124710_1931069.jpg

[PR]
by nohjima | 2011-01-19 19:33 | Nohjima
お勉強ツアー
モリサワの所長さんに同行して、陸路関西へ・・・目指すは北川一成さんの「GRAPH」。以前から気になっていた印刷の精鋭集団というべき会社で、メジャーなデザイナーも印刷を依頼しています。北川一成さんは『酒蔵富久錦』『立山酒造のCI』『エルメスの和文フォント制作』で有名、JAGDA新人賞を1996年にとられている、トップランナーの一人です。ご本人は東京の事務所におられますが地元は兵庫県の加西市の印刷会社でこれもまた名がしられた「GRAPH」という会社。周りは何もない郊外です(ほんま、こんなとこにあのGRAPHがあるの?って・・・でもそれがかえってかっこ良かったり)下の写真は北川さんがブランディングデザインをされた酒造メーカーとそのパッケージ。ここにレストランがあって商品や雑貨も売られてました。対応していただいた「GRAPH」の取締役には、仕事の仕方において本当に勉強させていただきました。
e0124710_10111430.jpg

e0124710_1011354.jpg
次に向かったのは創業80年のマッチのメーカー“神戸マッチ”さん。ここも太子町という郊外に広い敷地、昭和レトロの昔ながらの工場でマッチという縮小されたマーケットに果敢にいどんでおられる若き社長のお話にも勉強させていただきました。
e0124710_10113397.jpg

e0124710_10112588.jpg

e0124710_10114947.jpg

[PR]
by nohjima | 2011-01-15 23:12 | Nohjima
“おそら”にヒット商品生まれる
“おそら”焼きドーナツです。三次の里でパテシエだった方が子供が生まれたのをきっかけに、我が子に食べさせたい無添加で美味しいドーナツを少しづつ作って地域のバザーなどに出されていました。そのドーナツを“おそら”で販売したところ、大人気。ドーナツ目当てに来られる方が多く、年末はとうとう品切れ状態になり、お客様にがっかりさせてしまうほどになっています。甘さもおさえて、油で揚げていないのでしつこくなく、5個入セットで買われる方も多いらしいです。1個130円、可愛くラッピングされた5個セットが700円です。どうぞお試しください。
e0124710_12191887.jpg

[PR]
by nohjima | 2011-01-14 12:20 | Nohjima
久しぶりに とりとめもなく
お年始が過ぎ、すこしブログの間が空いてしまいました。
お題を何にしようかと思いつつ、「あ、そうだ・・」この連休にYouTube見てたら大好きなルパン三世の方面に行ってしまって、夜中3時頃まで見てしまった。ファーストのTV放映での苦労話が興味深かったね。パイオニアってのは光が当たると妬みを買うが、そうでないとあっさり離反されていくって、当時のプロデューサーのお言葉。宮崎駿と高畑勲はファーストのTV放映の後半を任されてたんですね。びっくり、てっきりカリオストロだけかと思ってました。しかし、このルパン三世というコンテンツすごいですね。ビートルズには及ばないにしても、ずーっと生き続けてますからねえ、鉄腕アトムだって継続的にムービーが作られCDが出てるわけではないものね。どこにその魅力があるのかしらん?と思いつつ埃をかぶったフィギアをキレイにしてあげました・・・これ2つともモンキーパンチのサイン入りだい! ・・・とこんな奴がいるから、人気は継続するんですねえ。
e0124710_21201548.jpg

e0124710_21201634.jpg

[PR]
by nohjima | 2011-01-12 21:21 | Nohjima
プロとアマチュアの境
e0124710_0255069.jpg

この休みは、お勉強。昨日、リブロに行き更に買いたしました。僕が紀伊國屋にいた頃は今のようにデザイナーが本を出していなかったです。いま書店にいくと多くのデザイナーの著作が出版されており、ノウハウやロジックを発信しています。更にふと横の棚をみるとフリー素材集が沢山並んでおり、捲ると従来デザイナーが苦労して描き出していたパターンやイラストが誰でも使えるようになっています。パソコンのアプリケーションが使えて、これらの素材があって、お手本になるものがあればそこそこのクオリティがある何処かで見たようなデザインは出来ます。デザインが大衆化したという意味では頷ける状況かも知れませんが、経済活動という枠組みの中で専門職としてのデザインが凌駕されつつあり、企業の中でこういうツールを使っての内製化も進む中、僕らデザインを生業としているものが、どうやって社会で機能し見合った報酬を戴く事が出来るのか・・・この年は特に課題に成るでしょう。いいデザインしてるのだから、高いのはあたりまえ。と印刷で紙に定着させる行為だけで云っている者も時にはいましたが、それはもう20年昔の理屈なのです。
[PR]
by nohjima | 2011-01-03 00:25 | Nohjima
春から縁起がいいや
e0124710_21124683.jpg
この休みに読もうと思って本を買いにリブロへ行きました。今日のパルコは初売りで賑わっておりました。周囲の駐車場を探すのにも時間がかかるほど。娘の店にも顔を出すと大声で売出しを叫んでおりなかなか頼もしい。
リブロに行ってデザイン関係の書棚に向かうと、おー!年鑑が平積みされているでは有りませんか。運営員の対島くんの計らいで今回から扱っていただけてると聞いてましたが、実際の目の当たりにすると感慨無量ですね。30年前、紀伊國屋でアルバイトをしてた頃、平置される書籍は売れる本とされており、それは売り場の専有面積から場所を取る商品は売れなければ、書棚にさしてしまっていたためこの佇まいには結構感動しました。横には安藤忠雄の本も見えますね!今年は春から縁起がいいや。
[PR]
by nohjima | 2011-01-02 21:12 | Nohjima
2011年
e0124710_1136930.jpg

明けましておめでとうございます。いい正月を過させて戴いております。怒濤の2010年で磨り減ったパーツや、小キズが出来たフレームを癒やし、磨きをかける休息にするつもり。
企業の功利主義、個人の消費主義が行き過ぎると社会がうまく立ち行け無くなる事が、僕達の周りで少しずつ解ってきた様に思えます。この気配は、おそらが出来てそこに好んで集まる方々がそれと無く発する言葉の端々に読み取れています。それは弱者のキズのなめ合いとは真反対で、今の社会を先端付近で走っている方々の確固たる意思の現れと気付いています。何故なら彼等は今まで培って来た厳しい計りでモノを見、その善し悪しを判断する、それは良いモノ作りを適正に社会に登場させたいと願いからです。利幅を多く享受したいという考えの方は見受けられません。そして、デザインはその人達の心のエネルギーをカタチにしていく、良い物が生まれる現場にデザイナーが存在する、結果、生産者及びメーカーと販売者と生活者が皆笑顔に成れる媒介者としての役割を担うべきだと思っています。
牛田山から双葉山に連なるこの辺りは鬼門を封じるパワースポットと云われています。氏神の早稲田神社に参拝しながら今年のROCKETSの航海図をイメージしました。きっと、今年はイイ年に成ります。
[PR]
by nohjima | 2011-01-02 12:29 | Nohjima


  
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31