歓迎会です!
e0124710_2214291.jpg

e0124710_22142930.jpg

今夜は、新人ちゃんたちの歓迎会をしました。料理家の黒田さんのお店、ポットラックでお世話になりました。最後にケーキをプレゼントしていただき、ROCKETシスターズは大喜び!みんな頑張ってね。
[PR]
# by nohjima | 2007-07-31 22:14 | Nohjima
インターシップ
e0124710_10354747.jpg

短い間ですが、今日からROCKETSの仲間来られました。比治山短期大学の星野さんと広島電子専門学校の古本さんです。今年で春と夏のインターンシップを受け入れて5年目になりますが、何時も彼等が来ると、あ〜、世間は夏休みなんだあ、と実感させられます。デザインの現場の楽しさと厳しさを体験してもらうことが狙いですが、それにしても女の子が多い。これはこの世界で向上心のある男の子が少ないってことでしょうか。決して女の子をリクエストしてるわけではないですが、80%くらいが女の子です。彼等にとって思いで深い夏の研修になるようにそして、次ぎの業界を担ってくださる人材が出てくれれば、いいなあと思います。なかなか厳しい業界ですが、一緒に頑張りましょう!
[PR]
# by nohjima | 2007-07-30 10:35 | Nohjima
先生、ピンぼけでごめんなさい。
e0124710_23493394.jpg

建築家 今井信博さんが現代計画研究所の社長に就任されたのを、お祝いしてパーティが開かれました。木の香る住宅を提唱して、東京に居ながら広島によくこられてて、実績もたくさん残されています。住まいnetの創刊号にも、執筆いただき、先生の建てた家も紹介させていただきました。パーティは40名ほど集まり盛り上がりました。
[PR]
# by nohjima | 2007-07-27 23:49 | Nohjima
たわいもない話題ですが
e0124710_20243768.jpg

ケイタイがダウンしました。幾らバッテリーチャージしても1時間くらいで、通話できなくなてしまいます。シャープの「ドルチェ」で、発売された時はその佇まいが、僕の好きな“古いカメラ”に似てて「これしかない!」って予約待ちまでして手にいれたのが、1年9ヶ月前。バッテリーがダメになっているんでしょうが、バッテリー変えると結構なお値段で無償提供まで、あと3ヶ月あるということでした。その間、1時間しか持たないバッテリーで過すわけにはいかないし・・・結局ポイント使って、¥0で機種変しました。佇まいはアナログカメラのようでも、ひと皮剥けば、儚いデジタル使い捨て消耗品な愛機にお別れをつげてしまう自分にも、好きな物何時迄も使い続けたいポリシーに反するジレンマを覚えてしまうのですが、デジタル社会では所詮無理な道具もあるのですね。
と、言いながら、新しいケイタイをニヤニヤしながら弄くりまわしております。
[PR]
# by nohjima | 2007-07-26 20:24 | Nohjima
紙と印刷とデザイナー
e0124710_21513561.jpg
e0124710_2152035.jpg
写真は昨年、印刷工業組合の「夢メッセ」というイベントで、西崎紙販売さんの主催で開かれた印刷と紙の今と未来について語るパネルディスカッションの模様です。
僕達デザイナーがどう関って、どう意識を高めていけば、紙ももっと多様性があり、表情豊かなメディアとして、社会に役に立てるかというような事を討議しました。大勢の印刷関係者に出席いただき、好評を博したようです。このイベントが今年も行われることとなり、早速どうするかを先日、西崎紙販売さんと話し合いました。去年よりも多くのデザイナーに参加いただき、討論、激論、放論大会にしようと思っています。「朝まで生テレビ」のような感じでね。僕が田原総一郎の役で、自分の意見をズバズバ言える仲間を揃えます。JAGDAの幹事から2人と去年と同様、絵図屋さんと今年は旧友のペンギングラフィックスの中村社長にも来ていただきます。このメンバーだけでも、印刷会社の皆さんはご興味があるのではないでしょうか。これも広島の紙と印刷とグラフィックデザインの活性化に、わずかながらでも繋がる事を期待しています。
[PR]
# by nohjima | 2007-07-23 21:54 | Nohjima
エンドロール
e0124710_2344738.jpg

今日は、映画「夕凪の街桜の国」の野外上映会の打ち上げでした。わざわざ佐々部監督もみえられて、非常に勉強になるお話を沢山伺いました。その中でも一番印象に残ったお言葉は「エンドロールに自分の名前が一番最後に出て来る、この事はこの映画の全てにおいて責任があると言うこと、だから上映会が雨で流れてたらお客さん連れてどこかで2時間ぶっ通しで解説でもするつもりでした。劇中で流れる曲のカラオケでもやりますよ。」僕は、この言葉に日頃忘れかけているものを気づかせていただいた思いです。
監督が持ってくださっているのは、今回作らせていただいた「夕凪コンサート」のフライヤーです。この映画がこの地で生まれたことを記念してこの名前をつけさせていただきましたが、監督が「当日は、応援メッセージを送ります」と仰っていただいたので、この名前を公認いただけたものと、嬉しかったです。9/29(土)上映会があったあたりで、行います。クラシックの野外コンサートで今年から毎年続けられるそうです。
また一つデザインで社会のお役に立てる事が増えました。
e0124710_11245529.jpg

[PR]
# by nohjima | 2007-07-22 02:34 | Nohjima
アナログだった頃
e0124710_10532117.jpg

一昨日、打ち上げの席で、昔のデザインの現場の話しになりました。
ポスターカラーや烏口、写植という言葉を若い社員は、ふ〜んってな感じです。トレペの上から色のパーセントを指定して色が付いて上がってくるという、専門職ならではの技術に、デザイナーとしての存在感があったよねえって、今はそのままその場で確認できるから、表現領域も格段に広がってるし昔では大変だった作業も簡単にできるようになった。でも職人的な人が少なくなったかもね・・という話しをしました。
このカメラ、ライカⅢCというタイプで、戦中〜戦後に生産された物です、デジカメのように「ごめん、もう一枚!」というわけにはいきません。その時の自分の判断が結果として後に出るので、経験値からくる技術がものを言います。すぐにリセットできてやり直しがきくデジタルと違って、ある意味潔いとも言えるかもしれません。
[PR]
# by nohjima | 2007-07-21 11:43 | Nohjima
100年企業
e0124710_2022072.jpg

以前もご紹介した西崎紙販売さんの僕が作らせていただいたマークとブランド「KAMIHAN」のロゴです。この会社は2014年に創業100年になります。僕とライターの井上さんは100年の歴史を取材する作業を着手しており「KAMIHAN」ブランドで、なんらかの形で世に出すお手伝いをさせていいただく事になりました。
御存命で、戦前の事を知っておられる方が少なくなっているため、この時期から取材開始したのですが、広島の紙業界について本当に興味深い話が沢山聞けました。やはり、ここでも原爆で家族も住まいもなにもかも無くなったお話を伺い、一昨日の映画とすごくリンクし、jagdaのヒロシマ・アピールズ・ポスター、平和ポスター展の作品制作、先日、当社にお越しになった平和記念資料館の館長、副館長からのお話等、今年は例年より増してカタカナ「ヒロシマ」を意識する事が多いように思われます。
[PR]
# by nohjima | 2007-07-18 20:28 | Nohjima
初の試み、野外上映

夕凪の街桜の国の野外上映会にスタッフとして参加しました。この作品の舞台となった場所での上映会で、映しだされる映像は不思議なリアリティを生み、より深く伝わって来ました。何度か目頭が熱くなったりもしました。21日からロードショーが始まります。あの日から広島で生きてきた人たちへの捧げる言葉は乏しい僕のボキャブラリでは見当たりません。スクリーンの左後方にROCKETSが入っているミツヒロビルがみえます。
e0124710_14275779.jpg

[PR]
# by nohjima | 2007-07-17 00:43 | Nohjima
ジャイブにて
こゆみこのツアー最終日のライブに同じビルの住人で雁木組仲間の三原さんと行って来ました。
台風直撃の真っ只中に敢行かと思いきや、台風さんも彼等のサウンドに癒されたのか、ライブが終わってもそよ風くらいで、よかったよかったo(^-^)o
ゲストの小野塚晃さん渡辺貞夫のバックを勤めるほどのメジャーな方で、さすが聴かせていただけました。
そして、小村さんのサックスは感動させられた透明感ある音色でした。
これで、今回のふんわりツアーは終わりましたが、今後の彼等の活躍を見守らせていただきたいと思っています。微力ながらお手伝いできたことに感謝です。
お礼にふんわりロゴ入りTシャツいただきました。ありがとうございました。
e0124710_1162370.jpg

[PR]
# by nohjima | 2007-07-15 01:22 | Nohjima


  
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30